思考を現実化!理想のノートプランナー Ca.Creaカ.クリエ

Things

やっと出会えた自分らしいプランナー手帳

毎年、時期が来ると悩んでいた手帳選び

そう、しっくりくるものがないのです!!

皆さんはどんな手帳をお使いでしょうか。

レイアウトは、マンスリー?バーチカル?

月間?週間?デイリー?

ほぼ日手帳もかなりいい感じなのですが、
どうしてもフィットしないのが紙質でした・・・

私個人は、カレンダー部分は、マンスリータイプでいっぺんに予定を見たい。
そして、細かいことは、別の部分に書きたい。
そしてそして、何より、紙の厚さが重要なんです!!
もう、裏移りなんてしたらテンション下がります(笑)

するすると書ける紙とペンは、閃きの源!
理想の手帳は、紙が1番のポイントです。
私には、レイアウトよりも紙が重要なんです。

理想相手(笑)の2番目のポイントは、大きさです。

最近は、いつでも持ち歩きたいから、大きくて分厚く重いのはNG。
とにかく、スリムなものがいいのです。

3番目のポイントは、余計なイラストない等が無いものです。
イラストもいらないし、地下鉄の路線図とかもいらない。

とにかく、自由に使わせてほしいのです(笑)

時期になると、あちこち探します。理想の相手を求めて・・・
書店や雑貨屋さん、文具店。
何十冊と手に取り、確認します。
たいてい、まずは、触れた瞬間にわかる紙の質感。
ここでたいていの候補者は脱落です。

質感をクリアした候補者は次のステージ、レイアウト部門へ・・・
これもまた、残念。合格者は現れません。
理想の相手と出会い、長くおつきあいしたい・・・(笑)

でも、私が欲しいプランナー手帳は、どこにもありません。

2018年は買うのをやめようと思いました。
そういえば、大まかなスケジュールは、スマホのアプリを使ってるし
いっそスマホオンリーでいこうかな、なんて思っていたら・・・

理想の相手は執着を手放すと現れる

よく聞くフレーズですよね(笑)
もういいやと思っていたら、出会ってしまいました。

プラスノート.クリエ A4×1/3 プレミアムクロスグロッシーパープル & カバー1冊用セット

コンセプトは、書くことは、創造すること

名前は、Ca.Crea  カ.クリエ
カク+クリエイト 書くことは創造すること・・・これ真理ですね。
こちらは実は、ノートなんです。
ノートだけど、プランナーとして使えちゃうんです。

私が書いてることを見返すと、
予定のことより、ひらめいたアイディアの方が多いのです。
その瞬間に、あふれてくる言葉やアイデアを書いてる。
だから、ノートでよかったんです。

書きとめたいのは、日々の予定よりも、瞬間のひらめき

この Ca.Crea カ.クリエ
まさに、理想の手帳!!  ポイントすべてクリアしてるんです。

紙は裏移りしない、スピエクリーム紙

大きさは、A4の3分の1の絶妙サイズ

もちろん余計なイラストもない

おまけに、5mm方眼なんです。

プラスノート.クリエ A4×1/3 プレミアムクロスグロッシーパープル & カバー1冊用セット

どうやってプランナーになるのかというと
サイトからカレンダーやToDoリストなどをダウンロードして印刷できるのです。

ノートは、A4の3分の1のサイズなので、A4用紙に印刷して3つ折りにして挟み込めます。
表紙の点々に合わせて折ればぴったり!!

テンプレートのダウンロードなどはサイトからCa.Creaカ.クリエ

書いて創造 現実化のツールに最適

一緒に買ったカバーも思っていたより厚めでペンホルダーもありました。
先日プレゼントでいただいたペンが絶妙にフィットしてうれしい♫
もちろん、ペンで書いても裏移り無し!!
肌触りも最高の紙です。

ひらめきをどんどん書いていくマジカルツールにぴったりなんです。

紙がしっかりしてるから付せんやマーカーなども使えるし
自分の好きなようにカスタマイズできそう。
そして何よりリーズナブル!
今回、2種類のノートを買いました。
紙がパスピエクリーム紙なのは、プレミアムクロスのタイプ。

他にも、リングタイプや
カンミ堂コラボパックには、付せんもセットされています。
そしてGoogleカレンダーとリンクさせてカレンダー印刷もできちゃいます。

プラスメモ帳ノート.クリエ A4×1/3 限定ココフセンカードセットばら+ドット

2018年はお気に入りの手帳でスタートです。
ひらめいたアイディアや言葉を思いっきり書いていきたい方にお勧めします。

 

 



 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Things
夢を叶えた人を見た!香桃正晃Anniversary LIVE 

ひとつの夢を叶えた瞬間に立ち会う 昨日は、素敵図鑑でも紹介している、香桃正晃さんのLIVEでした。 …