野草研究家 菊地はるみさん#3

野草

前回までのインタビューはこちら #1       #2
野草を学ぶきっかけについてなど、ぜひ初めからご覧ください。

 

野草は日本人のためのハーブ

 

現在は、野草研究家としてワークショップやブログ、SNSを通じて
素敵な野草の世界を発信されているはるみさん。

 

今、心がつらい人へ
辛いとき、苦しい時に合う薬草とかあるんですか?

 

代表的なのは、オトギリソウという草です。
洋名セントジョーンズワートとも呼ばれていますが、
鬱・不安に良いと一般的に言われています。

はこべの青汁は、頭が明瞭になりスッキリしてやる気が出てきます。
いやな気分の時、人から邪気をもらったときは、
ヨモギを枕の上に置いて寝たり、お風呂に入れます。かなりスッキリします。

 

野草は日本人のためのハーブだと思っています。

 

野草・薬草はそれぞれ歴史や役割がきちんと有り、それを知っていくだけでも歴史の勉強、
日本人としての大事な心が解っていきます。

効能・使い方を知ることで、見守られている安心感が生まれ、とっても豊かな気持ちになります。

 

 

佐渡島では、海辺に咲く ハマゴウ と言う草を採集し、
石臼で挽き粉にして、お線香の代わりに焚いてご先祖様を迎えていたそうです。
シソの仲間で香りは、爽やか。見た目はセージに似ています。
浜香(ハマゴウで作るお香の呼び名)の香りは、
杉葉を燃やしたときのような焚き火の香り。
入浴剤、お茶、お酒にしたり、体を温め、滋養強壮に良いと言われています。

昔は、大陸から来た仏教のお線香の材料は、一般市民には大変高価なので、
手作りしていたそうです。心がこもっていて素敵です。
ほかにも、椿の花、キツネヤナギ、シキミなどが季節や、
地域によって使い分けられていたそうです。

色んな野草を粉にして、天然塩、木酢液、竹炭、クレイなど(海、火、土)を混ぜ合わせ、
自分の好きなように成形しチベット風お香も作れます。

そして、私のワークショップでは、いつも野草スイーツが登場します。
スイーツに野草を入れることによって、野草をより身近に説明することができるのです。

 

#松のガトーショコラ
#ゲンノウショウコのチーズケーキ
#クロモジのアップルパイ
#ハコべのシフォン

 

まさに野草パティシエール!!!


昨年、開催された、【佐渡ハーブを楽しむ会】
新穂潟上温泉さん主宰のはるみさんとハーブ王子のコラボイベントも大好評っだったそうです。
新穂潟上温泉さんから、その時の様子の画像をおかりしました。

 

#説明しているハーブ王子

#素敵なお二人

#ハーブ王子のハーブおにぎり

#野草姫はるみさんのスイーツ

 

 

散策での、野草レクチャーの後
ハーブ王子の佐渡ハーブおにぎりと味噌汁、
はるみさんの佐渡ハーブシフォンケーキ、アップルタルト、
クロモジ珈琲、野草茶も堪能できたとのこと!
とっても素敵な企画ですね~

新穂潟上温泉さんのサイトはこちら→ 佐渡の日帰り温泉 新穂潟上温泉

 

ハーブ王子をご存知ない方へご紹介

 

こちらがハーブ王子こと山下智道さん
イケメンですね。

 

山下智道さんのサイトはこちら→ハーブ王子
こちらのドキュメンタリー動画で素敵な活動の様子をご覧ください。

#ハーブ王子ドキュメンタリー

食べる、飲む、塗る、香る、飾る・・・・
その用途や効能を求めるだけでなく、心に寄り添う存在でもある野草。
はるみさんに、野草への思いを聞きました。

野草の波動をキャッチする力

 

野草には、特に身近な草には、私達の波動をキャッチする力があり、
私達の体を元に戻してくれる情報を持った薬と言われています。
そして、知識よりも、体の方が必要な草を知っています。
気になる草って絶対あると思うのですが、まずはその草を調べてみると良いかと思います。

 

 

#ガマズミ、イヌダテ、ハギ

 

あるスピリチュアル系の本に、
「植物とは、私たち人間を育てる為の高次元の生命体である」
と書いてありました。

最初はよく解らなかったのですが、今は何となく理解できる気がします。
なぜなら、植物がないと人間は生きていけません。

酸素を作り、木材は住居や燃料に。食料を与えてくれる。
色、香りは癒し、風雨から守ってくれているからです。
そしてすべてを受け入れてただ見守ってくれています。

古神道では植物は逆さまにした人間であるといい、
神事には榊やユズリハなどの植物を使い、
神が宿る御神木はとてつもなく大きな存在になって私たちの心の拠り所になっています。

 

 

仏教でも、植物のような人が最高の教えと本でよみました。
コウヤマキ、根付け松、シキミなど沢山の植物が信仰に使われています。

心の拠り所に、信仰に、儀式に使われている植物があって
初めて成り立つ文化を持つ日本と言う国。

 

 

 

幸せになれる啓発本やセミナーが巷に溢れています。
新しい物も、古い物もたくさんあり一つ一つ素晴らしいです。
でも、古くから寄り添ってくれた日本の植物達の価値を差し置いて学んでも
本当の幸せにたどり着くのは難しいのではないかと思います。

だって日本人の基礎は日本の植物と共にあるから。

古くから見守ってくれた、日本人の為の植物、
近くに有りすぎて気付けない彼らの有り難さ。
それを知ることが、不安感や焦り、精神の誤作動を減らしていく為に大切なことだと思っています。
私は、そんな素晴らしい野草たちに感動するきっかけ、心を動かす人でありたい思います。

 

 

はるみさん 素敵です~ 野草の国のお姫様みたい。
野草の世界・・・
今回のインタビューで知れば知るほど奥深いなあと感じました。
春も近いです。草花も芽吹いてきます。まだ知識はなくても、心の感じるままに惹かれる草、自分のお気に入りの野草を見つけてみるのもいいですね。
もしかしたら、その草は、トーテムプランツ
自分を守護してくれる植物かもしれませんね。

 

 

 

素敵なお二人
ハーブ王子♠山下智道さんと野草姫♥菊地はるみさんのコラボイベントが決定しました♫
新穂潟上温泉さん 主宰 4/22(土)、4/23(日)開催です。

今回はどんな内容になるのでしょう~楽しみです♪
もうすぐ告知されると思います。ぜひ、はるみさんの情報をチェックしてください。

野草研究家 菊地はるみさんのメディアはこちら

ブログ 佐渡島のめぐみ
Facebook

 

 

3回にわたりご紹介させていただきました。
ご覧いただきありがとうございました。

 

参考:野草の本

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

野草
野草研究家 菊池はるみさん#2

今回の素敵ファイルは、野草研究家の菊池はるみさんにインタビューしています。 前回のお話はこちら→#1 …