野草研究家 菊池はるみさん#1

Persons
2

野草研究家 菊池はるみさん

 

自然いっぱいの佐渡で、素敵なハーバルライフを発信、活動されている
野草研究家 菊池はるみさんをご紹介いたします。

 

さて、野草ってどんなものなのでしょう。
なんだか、苦くて、美味しくないようなイメージがありませんか。
そんなイメージが変わるかもしれません。

 

はるみさんの素敵な野草の世界をのぞいてみましょう。
まずは、素敵なレシピです。

■野草チャイ

材料

シナモンの仲間のクロモジ
ヤブニッケイ
しょうがの蜂蜜漬け
佐渡牛乳
市販の紅茶

佐渡産チャイは汗が凄い出てきます。
身近な野草達は冷えた私の体を良く理解してくれています。

 

 

 

 

■野草入浴剤

アカメガシワの木の皮、椿、ヤブニッケイの入浴剤。
かつては、製薬会社に卸していた皮膚、胃の薬です。
佐渡にはどこにでも生えてます。
椿、ヤブニッケイは冬でも緑で元気です。

 

 

 

 

■ハコベのTea&Salt

 

今日はハコベのお茶を飲み、ハコベ塩でお料理しました。
ハコベのお茶は初めて飲んでみたのですが
びっくりするほど体が温まりました。
日向に干したせいでしょうか、お日様のエネルギーがたっぷり
体の中から暑くなってきて、首筋から一本筋が通るような爽快感。
佐渡では浄血、増血に良い草だと言われ”薬となる植物” でした。

 

■野草クッキー 萩、イヌダテ、ガマズミ入り

野草のこと、もっと知りたくなってきます。

 どんな活動をされてますか?

 

現在、佐渡島という歴史ある島に暮らしています。
昔、生活で使われていた植物達(野草・薬草)などをもう一度見直し、
現代風にアレンジできるように試行錯誤しながら研究しています。
月に一回野草のワークショップなども行っています。
日常では、三人の子供達を子育てしている真っ最中です(*^_^*)

 

 

佐渡の素敵な画像がありました。

とても素敵です。
自然いっぱいで子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきそうです。

 

子どもの頃から自然が大好きで、いつも山で遊んでいました。

 

失恋したときも、山や木に癒してもらいました。
(熊・猪・鹿・猿など居ない環境です)

木の目線は、高いです。果てしない深い愛で、見守ってくれています。
そして、私たちに酸素を作ってくれ、家や家具になってくれ、燃料になってくれる。
ご神木のように、ただ居るだけでその地域のみんなを安心させて見守ってくれる。
インドでは木からエネルギーを貰って食べないで生きている人もいる。

木は私には 親 としか思えません。
そんな木を、大伐採している現状。親のすねをかじりすぎていています。
木や植物は人間が大好きだという研究結果が出ています。
話しかけ感謝すれば、本当に喜んでくださるそうです。

だから皆さんもぜひ、身近な植物達に【ありがとう】って伝えて下さい。

 

 

 

 

木、山、自然への愛と感謝がいっぱいのはるみさんだからこそ
植物たちのパワーを引き出すことができるのだと感じます。

現在、子育て真っ最中のママでもあるはるみさん
つらい時期もあったそうです。

 

辛かったことは、子育て中に悪化した肌の調子

 

 

夜中に寝れない痒み。お化粧できない辛さ。
病院への不信感、どんどん悪化する皮膚・・・
コスメ難民状態で、いつも敏感肌用化粧品を買うために経済的にも辛かったです。
どうなっていくのかという不安は、精神的にも本当に辛かった。
症状的には、アトピーみたいな感じで、接触性湿疹と診断されました。

肌の事を治したくて勉強していくうちに、洋ハーブやアロマにたどり着きました。
でも、なぜか薬草・野草と言われている日本の植物の情報が少ないのです。
私が参加したいワークショップなどもありませんでした。

 

だったら自分でやってみよう

 

 

そう思い、勉強したり実験したのが野草研究の始まりです。
野草を調べていくうちに、コマーシャルを鵜呑みにしないという事に気づきました。
そして【肌の仕組み】に本当に必要な物は何か?など考える力がついていきました。
最初は、枇杷のチンキから試してみました。

 

 

ご自身の体験がきっかけだったのですね。
子育て中の肌の不調・・・
女性の多くの方が共感されるのではと思います。
子育て中ともなると、特にお薬の使用についても気になるところです。
枇杷のチンキからスタートして
はるみさん自身が試しながらどんどん知識を深めていかれたとのこと・・・

やはり、きっとそこには、木や山や自然に対する信頼があったからなのかなと感じます。

 

今のはるみさん
色白でとってもキュート♡
次回は、はるみさんの素敵な野草レシピなどなどご紹介します。

 

 

 

菊池はるみさんのワークショップ

 

こちらは、自分だけの薬草酒作りの画像です。

ワークショップについては佐渡の野やさいさんのインフォメーションをご覧ください。

お問合せはこちら→ Facebook 佐渡の野やさい

 

インタビューの続きはこちら→ #2

 

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Persons
心を歌詞に乗せるシンガー香桃正晃

サラリーマンから夢を叶えつつある若き歌い手     香桃正晃さん まっすぐに見つ …

Persons
2
龍が飛ぶ 一筆龍 絵師 白道さん

何度も言葉に書き出してみるけれど 説明すればするほど あの場所で感じた感覚からは遠のく・・・ あの場 …

Persons
アートコンテンツクリエイター かとうともきさん#3

かとうともきさんへのインタビュー   今回は、扱う素材についてや運営しているメディアについ …